afternoon repose
-----------------------

その日は朝から気持ちの良い日だった。

午後の気持ちよい陽が差し込むハリーの部屋で、ハリーとシリウスは二人っきりだった。

「う〜ん…」

ハリーは夏休みの宿題をしていた手を休め、思いっ切り身体を伸ばした。

今日は夏のわりに蒸し暑さが無く、逆にぽかぽかと春のような暖かさだった。

こんな日はどうしても眠たくなってしまう。

「終わったかい?ハリー」

ベッドに背もたれ、本を読んでいたシリウスも、本を閉じハリーの羊皮紙を覗く。

「ん、もう少し」

「少し休もうか、何か飲み物でも持って来よう」

そう言ってシリウスは立ち上がり、ドアの向こうへと消えて行った。


この春、ついにシリウスは自由の身となった。

それを機に、今は約束通りハリーと二人きりの生活を、静かな山の中で送っている。

真の罪悪人としてペティグリューが捕まり、世間的に歩いていても罪人としての目で見られる事は無くなった。

しかし、逆に、世間はシリウスの事を違う目で見る事が多くなった。

アズカバンから生きて帰れたツワモノとして見る人。

好奇心の目で見る人。

そして、憧れの目で見る人。

(この場合、主に女性が多い。)

この事にハリーはいささか不満があった。

あんなにシリウスの事を悪人よばわりしておいて、罪が無くなった途端、

しかもその人がかっこいいと解ると周りの態度が一転し、黄色い声が上がった。

まったく、調子が良過ぎないかと思う。

その為、買い物に一緒に行く時等は嬉しい半面、嫌な気分になる。

視線が気になって買い物どころでは無い。

「ーシリウスは…僕のなんだから…」

机につっぷしたまま、ぽつりと呟いた。

「じゃあ君は私のものだ、ハリー」

「!」

気付くといつのまにか部屋に戻って来たシリウスが両手にジュースを持ちながらドアの前に立っていた。

顔が綻んでいる。

「…今の聞いてたの?」

「もちろん」

ジュースを二つテーブルに置き、さっきまで座っていたベッドの横に背もたれながら腰を下ろした。

「私はこれからもずっと君一人のものだ、そしてハリー、君も私だけのものだ、誰にも渡さない」

「シリウス…」

ハリーの胸に暖かいものが込み上げて来る。

今までそんなこと誰にも言って貰った事などなかった。

ずるい、こんな事言うなんて…。

「…」

ハリーはシリウスの所膝でへ移動し、向かい合う様にしてシリウスの両足の間に膝立ちした。

「えへへ…」

照れくさそうにハリーが笑う。

「シリウス…大好きだよ」

と言われ、唇にちゅっと口づけをされる。

「ハリー…」

シリウスが両手でハリーのほおを包み、今度はこちらから顔を引き寄せる。

唇に触れようとしたその時ーー…

ピンポーーーン!

「!?」

誰だこんな時に!!

シリウスは居留守してやるつもりだった。

が、


ピポピポピポーーン!

まるで「中に居ることは判ってるんだ、早く開けろ」と言われている様なチャイムが連続して鳴った。






「いやぁ、偶然近くを通ってね!」

他から見れば人あたりの良い、柔和な笑みを向けて、いけしゃあしゃあとルーピンは言う。

そんなルーピンの本当の目的に気付いていないハリーは

「いらっしゃい、先生♪」

と嬉しそうに丁重にもてなし、リビングには紅茶の良い香りが漂った。

ただ一人シリウスは、ハリーが嬉しそうにルーピンをもてなしているのでルーピンを追い出せず、

おあずけを食らった犬の如くいじけていた。

「くそ…っ」





END














【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース